Blog

他業種の方が訪問マッサージ事業を選ぶメリット

皆様お世話になります!

オンラインサロン
「ケアリーダーズ」ですが、
最近、施術者の方もいらっしゃれば、
オーナーさんもいらっしゃいます。

 

ここのところオーナーさんともお話することが多いので、
今日は、オーナーさんで施術者を採用し、
事業を展開する方向けに書きます。

 
 
訪問はりきゅうマッサージ事業なぜ選ばれるのか?
それは、
社会貢献事業
ということと、
継続率が異常に高いということだと思います。
 
 

まず、患者様が圧倒的に多い。
厚生労働省「国民生活基礎調査」平成28年によると、
ターゲットである、
65歳以上、要介護1~要介護5の方々は、
日本で435万人いらっしゃいます。

そして、日本のあん摩マッサージ指圧師の資格者は、
ほぼ10万人。
 

例えば、あん摩マッサージ指圧師が全員訪問マッサージの仕事をするとして、
施術者1人あたり、
43.5人の患者さんがいるということです。
 

訪問マッサージで、一人の施術者が受け持てる最大の患者数は
25人ほどです。
 
 

単純に考えると、施術者全員で頑張っても補えないくらい、
患者さんにあふれています。
集患さえ工夫し、安定化させれば、
後はスタッフ確保に動けば、事業は継続発展していきます。
 
 

あとは、社会貢献の実感があるということです。
患者様喜んだ顔を見られる、これを経験してしまったら、
他の仕事はできなくなってしまうかもしれません。
 
 

事業としてのメリットをあと何点か上げると、
・固定費が人件費くらいしかかからない
・家賃は最低でOK
・オーナーさん営業をメインにした場合、宣伝広告費も抑えられる
・保険によって売掛金が発生するが、金融機関の信用が厚い
などがあり、
他業種で考えると、相当なメリットを実感していただけると思います。
  
 
 
しかし、デメリットも有り、
・国家資格者の求人が少ない
→少ないということはいい人材の取得が難しい
・当初は資金繰りが厳しく、余裕資金を用意する必要がある
ということが上げられます。
 

私は、集患よりも、
この「求人」が一番ネックと感じています。

逆に言うと、この求人という壁
を乗り越えていけば、事業はうまくいきます。
求人に関して言えば、もう全力投球。
多分
集患2:求人8くらいの力の入れようです。
 
 

実例でいうと、当院で言えば、
・フルタイム正社員
・短時間正社員
・業務委託
すべてをの働き方で募集しています。
  
 

特に、
短時間正社員や、
週1~の勤務でもOKな業務委託を募集すると、
他の治療院業務で空いている時間に、
訪問治療院を経験してみたい、
効率的に稼ぎたい、
などのニーズにマッチするようで、
いい人材の募集がそこそこ出ます。

私を含めて国家資格者は、
今まで患者さんに直接接してきた自負があり、
施術内容を変更させたりするコミュニケーションが難しいことが多いです。
 
 
 
それでは、上記デメリットをいかに解決すればいいのか?!
次回続編でメルマガ出しますので、
お楽しみに!
 
 
 
===============

訪問鍼灸マッサージオンラインサロン
「ケアリーダーズ」
業界最安で「成果再現性」のある、
情報を提供しています。

7月9日(金)20:30~の
zoomミーティングは
「あなたの治療院の未来予想図を作ろう!」
訪問事業は、
集患、組織化、資金繰り
すべてのバランスが必要です。
動くべきタイミングが一発で分る、
私がコンサル時一発目に行う、資金計画表を作っていきます。
1年半で0円→月400万円まで売上を伸ばした秘訣の
計画表を作成します。
モデルの方には、作った表をそのままプレゼント!

過去動画今ならすべてご覧いただけます。

https://caresystem-co.com/saron/info/

===============
 

【ケアリーダーズ 無料LINE登録】
https://lin.ee/eQzgSol

後日、
「誰が行っても成約率がUPするヒヤリングシート」
をプレゼントします!

今後、
メルマガ、LINEとともに、
皆さまに有益な情報を提供しますので、
乞うご期待ください!
 

===============
  

☆ご意見、ご感想、ご要望、ご質問なんでもお寄せ下さい。
訪問事業拡大プログラム「ケアリーダーズ」 質問受付フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UbJqOhug