Blog

必要な患者様に発行してもらいやすくする、鍼灸マッサージ【同意書戦略】

皆様こんにちは!
 

前々回の記事で、

「訪問マッサージ 組織にピッタリのスタッフを見つける面接の手法」

を出しましたが、補足した内容でユーチューブを配信していますので、
ぜひご覧ください!

今日は
「必要な患者様に発行してもらいやすくする、鍼灸マッサージ同意書戦略」
をテーマにお送りします。

 
今回の内容は
・同意書に関して、対応に悩んでいる方
・ドクターとの同意書記載依頼に悩んでいる方
にお送りします。

 
同意書の仕組みや、
同意書の基礎的な知識はこちらをご覧ください。
 

今日は、同意書取得の戦略をお伝えします。

 

皆様の同意書取得が難しい時はありますか?
ドクターが同意書を発行頂けない理由は
医師会が…

以前の治療院に…

保険者が…
などいろいろな話がありますが、

 

一番の理由が
「だれが何をやるのかわからないから
許可を出せない」
ということです。
 
 
 
ドクターも患者さんの事を真剣に考えています。
かつ、鍼灸やマッサージなどの業界の人と交流はあまりない方が多く、
実際マッサージと聞くと、町のリラクゼーションを想像してしまうドクターが
多くいらっしゃいます。
 
 

そのような状態で、同意書書いてくれませんかー!だけ言うのは、
ドクターの不安をあおるだけで素直に同意書を書くのは難しいかもしれません。

  
 
そこで私が行っているのは、
・写真付きの名刺を同封、
・患者さんの施術対応、目標を記載した御依頼文の作成
・場合によっては自己紹介文章を同封
しています。
 
 

あとは、最初に地域で開業する先生に向けては、
患者さんの主治医が地域のクリニックだとわかった場合、
ドクターに会いに行って、同意書を取得してください。
と勧めています。
 
 

患者様に同意書をお願いしたり、
当院で電話をして、郵送して同意書をお送りしたりするのですが、
同意書を断られた場合、
患者様が継続して受けたいとお申し出があった場合
ドクターが地域のクリニックの場合は直接伺い、
同意書の記入のお願いに行きます。

※病院の場合はドクターの医師と関係なく
病院側が同意書発行しないという方針が多いため、
取りに行っても無駄足の場合が多いです。
 
 
  
同意書出さない、
とおっしゃったドクターに会いに行って、
これこれこういう理由で、どうしても施術が必要なので、
施術が必要なんです!
とお伝えすると、
不思議と2割~3割くらいのドクターが書いてくれます。
 

  
この経験で思うのは、
やはり、ドクターも人間なので、
心から頼まれたりすると、断りづらくなるんだなと
思うと同時に、医師会が…保険者が…という断り文句は、
ただ書きたくないことに理由をつけているだけだなと感じています。
 

 
そして、同意書が発行できたとします。
実はその後が肝心です。
 

オンラインサロンで
ドクターがゲストで出演いただいたことがあるのですが、 
ドクター曰く、
「経過報告書はちゃんと目を通していて、
患者さんの変化を見ています。」
とのことでした。
 
 

同意書を発行頂いているドクターは、
私たちの施術を信頼して、同意書を書いてくださっています。
そして、施術効果が高いことを見せられると、
何と、ドクターから患者さんの紹介があります。
  

関係のあったドクターの今後の信頼を高めるためにも 
地域で信頼を勝ち取るためにも、
施術に真摯に取り組むべきですね。

===============

マッサージ師面接に必ず必要な質問シートを
無料プレゼントしています。
LINE公式の無料プレゼントとして、
登録の方にお渡ししています!
ぜひご登録くださいね。
  

【ケアリーダーズ 無料LINE登録】
https://lin.ee/eQzgSol

===============

YouTube 訪問マッサージ組織化チャンネル開設!
訪問マッサージ事業運営に関するすべての情報を
惜しみなく配信しています。
https://www.youtube.com/channel/UCtBOxEkkux0f37d-ye_3gLA

毎週更新していますので、
ぜひご覧ください!

===============

☆ご意見、ご感想、ご要望、ご質問なんでもお寄せ下さい。
訪問事業拡大プログラム「ケアリーダーズ」 質問受付フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UbJqOhug